夫が単身赴任で居なくなってから偉大さに気が付きました。

結婚してから今年で15年が経ちます。夫と付き合ってからはもう20年が経ちました。私の人生の半分は、夫が関わっていることになります。こんなに長い間一緒にいると、よく言う空気のような存在になってしまいます。居て当たり前の人なのです。なので夫が単身赴任で今家に居ないのが不思議です。居なくなってからやっと気が付きました。夫の有り難さをです。今は中学生の娘と2人暮らしなのですが、男手がないと苦労することが多いです。まずは電化製品が故障してしまった時。どうしたらよいのか分りません。プチパニックです。ずっと夫を頼りにして生きてきたので、自分の無知さ加減に呆れてしまいました。後は固い瓶のフタを開ける時。不便で仕方がありません。夫が居たなら簡単に開けてくれたのになと思うと寂しく感じます。一緒に暮らしていた時はうっとうしいと思って文句ばかり言っていました。もっと優しくしとけば良かったと反省しています。今週の週末に夫が帰ってきてくれるので、大好物のカレーを用意して待っていようと思います。脱毛ラボ 新宿 無料カウンセリング