押し入れの奥から出てきたWinkのCDが懐かしかったです

そろそろ今年も終わり、年末になってきたので大掃除の支度を始めました。いらないものを押し入れにしまったりしていたら、押し入れの奥からWinkのCDやビデオテープが出て来ました。私は子どもの頃、Winkのファンでいっぱいグッズを集めていました。懐かしくなったので思わず久しぶりにWinkのCDやビデオテープを見てみました。そうしたら子どもの頃が懐かしくなり何時間もずっとWinkの曲を聞いていました。私はその中でも特に1992年に発売された「リアルな夢の条件」と言う曲が好きでミュージックビデオも見たらWinkの鈴木早智子さんと相田翔子さんがちょっとセクシーなSMのSの方のお姉さんみたいな衣装をまとって艶やかに歌う感じがとてもバブルの頃の良い時代を象徴している感じ で昔が恋しくなりました。今、流行っている曲とはまた違うちょっと懐かしい90年代の国民が幸せだった時代の流行歌を聞くと昔の日本は本当に良かったと思い知らされます。脱毛ラボ 全身