もうすぐ卒業シーズンですが、学生時代は本当に馬鹿なことばかりをやっていましたね。
若気の至りとは良く言ったものですが、そんな体験も今では話のネタとしてこうやって記述することが出来ある意味役立ってます。
今回はそんなエピソードのうちからプールに関する出来事をひとつ。

【夜の学校に忍び込む】というのは悪ガキの中ではわりとポピュラーな行為ですが、例に漏れず私も当然体験済みです。
プールの入り口は普通ロックされていますが、飛び越えるのにはそれほど苦労せず入れるので(後年、ヘタクソがバレて有刺鉄線が上に巻かれたそうですけど)
夏の蒸し暑い夜や仲の良い友人と集まっては良く利用させて頂きました。

プールは道路沿いに面していたので車が通った時や近所のおっさんが散歩する時などは急いで水面に潜り息を潜めるのもスリリングがあって楽しかったです。
「水鉄砲を水中で溜めると、水圧の関係で通常よりも遥かに勢いが増す」ということもこの時覚えました。

ちなみに9月に入ると塩素消毒が強くなり、長時間浸かると体中がヒリヒリするので気を付けましょう。